【初心者、中学生向け】 試合で勝つコツとは?〇〇ができるかがカギ

スポンサーリンク
おすすめ練習
スポンサーリンク



今回は卓球を始めたばかりの方や初心者で試合で勝ちたいと思っている方に向けた記事を書いていきたいと思います。


やはり最初は誰でも勝てない時があります。特に卓球は練習量=強さに強がるとは限らないところがあるスポーツです。


そこで今回は初心者が試合で勝つことだけを考えた際、必要な技術、練習を紹介したいと思います。

試合で必要な技術とは?



初心者が試合で勝つために必要な技術、それはツッツキ、ブロック、ロングサーブ、この3つさえできれば最初は試合でそれなりに勝てると思います。


なぜなのか?順番に説明していきたいと思います。

ツッツキを練習する理由



まずツッツキを練習する理由としてはレシーブの練習、ツッツキのラリーになった時ミスをしない為です。


現代卓球はどんどんスピーディーな卓球になっておりチキータや台上バックドライブが主流になっていますが、正直始めたての段階で且つ試合で勝つことを考えれば必要ないと思います。


まず中学生同士の試合の場合短いサーブが来る確率はそこまでないです。短く出そうとしているけど実際は長く出ているパターンがほとんどだと思います。


ですので余計なレシーブ練習はせずレシーブの基本であるツッツキを練習するべきです。余裕があればフリックの練習をするくらいでいいと思います。


ツッツキさえ練習しておけばレシーブは何とかなりますしカットマンと当たった場合でもツッツキのラリーに持ち込むことができます。

ロングサーブを練習する理由



ロングサーブを練習する理由としては

  • ショートサーブに比べて簡単
  • 回転を掛ける感覚を身に着けやすい(切りやすい)
  • 緊張しても思い切って出せる



まず短いサーブに比べ短く出すことに気を使わなくていいので難易度が低いです。


そして思い切って出せる=回転を掛ける感覚を身に付けやすいです。ショートサーブだと短く出すことに気がいってしまい回転量が落ちてしまいますがロングサーブはそれがないので最初の切るサービスを覚える段階では非常に効果的です。


仮に相手が打ってきてもしっかりブロックできれば問題ないですし初心者同士の試合ではそこまで質の高いドライブが来ることは少ないと思います。

ブロックを練習する理由



ブロックを練習する理由としては

  • 打たれた時焦らないで対応できる
  • ブロックはどのレベルの選手でも使う技術
  • カウンターの基礎固めになる



ブロックで大事なのが焦らずブロックすることです。


ブロックが苦手な人って大体ビビッてしまって状態が起き上がっている、顔の前でブロックできていない、手だけでブロックしようとしていることが多いです。



ブロックができれば先に打たれてもラリーに持っていくことができますし何よりブロックはプレーヤーのレベルに関係なく誰もが使う技術です。


中国選手だって全部のボールをカウンターできるわけではなくブロックで展開を作ることがあります。それくらい卓球においては大事な技術であり基礎を作る上でとても大事な練習になります。


さらにカウンターを覚えるうえでもブロックが土台になるのでブロックの練習はしっかり行いましょう。

おすすめ練習



ここからはおすすめの練習を紹介していきたいと思います。

ツッツキ対ツッツキのラリー



まずはツッツキの練習です。とにかくミスをしないように続けることを意識しましょう。


集中力を高める練習にもなりますので100往復くらいは続けられるようになりましょう。


ある程度続く様になったら切るようにしてツッツキの精度を高めていきましょう。

ロングサーブ→ブロックの展開練習



2つ目に紹介する練習はロングサーブを出して相手に打ってもらったボールをブロックする練習です。


ロングサーブの練習にもなりますし打たれた時にしっかりブロックできるようにする練習でもあります。


ポイントはロングサーブを質の高いサーブを出すことです。低く、早いサービスを出せるようにしましょう。

まとめ



今回は初心者向けに試合で勝ちやすくなるポイントを紹介しました。今回紹介した技術ができればある程度勝てると思います。


もちろん今回紹介した技術だけ練習していればいいというわけではなく、あくまで中心に考えて練習メニューに取り組んでもらえればと思います。是非参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました