ラバー

スポンサーリンク
ラバー

変化系表ソフト DAWEI  388C-1をレビュー!

今回は中国の卓球メーカーであるDAWEI(大維)から発売されています388C-1というラバーをレビューしたいと思います。このラバーは表ソフトのラバーになっており表ソフトの中でも変化系のラバーになっています。聞いたことはあるけど使っている人...
ラバー

VICTAS V>20ダブルエキストラをレビュー!

今回はVICTASから2022年春に発売のラバーV>20ダブルエキストラをレビューしたいと思います。このラバーは元日本代表でVICTASアドバイザリースタッフである岸川聖也さんがプロデュースのラバーで発売前から初回生産ロットが完売するほど...
ラバー

バタフライ ディグニクス09Cを徹底レビュー!

今回はバタフライから発売されていますディグニクス09Cを詳しくレビューしたいと思います。ディグニクス09Cといえばディグニクスシリーズ初の粘着テンションとして2020年に発売されたラバーで瞬く間にトップ選手の間でも使用者が増え今やプロ選手...
2022.04.17
ラバー

500円のラバー⁉銀河水星2をレビュー

今回は中国のメーカー銀河(YINHE)から発売されています水星2をレビューしたいと思います。「コスパのいいラバーないかな・・・」そんな中見つけたのがこのラバー、なんとお値段は500円。「500円で買えるラバーなんてあるの?」そう思う方がほ...
2022.04.30
ラバー

(中級者~上級者向け)安いけど高性能!コスパのいいラバーを紹介

近年ラバーの特徴といえば高性能だが高いラバーが多いです。ラバー1枚で1万円するラバーもあり5000円くらいのラバーならば安いといえるほどまでラバーのインフレ化が進んでいます。高いラバーは性能の高いラバーが多いのはたしかですが決して価格が安...
2022.04.30
ラバー

ドイツ製テンションに同じような性能のラバーが多いのはなぜ?その理由解説します

裏ソフトラバーといえばドイツ製テンションラバーが主流ですがある程度色々なドイツ製ラバーを打っていると感じるのが「あまりどのラバーも性能が変わらない」そう感じる方いるかと思います。こう思ってしまうのは実はあながち間違いでもないです。今回はそ...
2022.04.30
ラバー

ドイツ製と日本製のテンションラバーの違いは?おすすめラバーを紹介

テンションラバーといえばドイツ製テンションが多く発売されていますが最近は日本製のテンションラバーも増えつつあります。しかし同じテンション系ならばドイツ製も日本製も変わらないのでは?と思う方も多いかと思います。そこで今回は日本製テンションと...
ラバー

粘着ラバーと粘着テンションの違いは?詳しく解説

近年卓球界ラバーのトレンドにもなっているラバーといえば粘着テンションラバー。各メーカーから様々な粘着テンションが発売されています。粘着テンションというと普段テンション系を使っている選手でも扱えるラバーといったイメージがありキョウヒョウなど...
2022.04.30
ラバー

ミズノ Qクオリティをレビュー!

今回はミズノから発売の新商品Qクオリティをレビューしたいと思います。ミズノの裏ソフトラバーQシリーズといえばQ3から始まりQ4Q5と裏ソフトラバーを発売してきましたが今回はこれまでのラバーを凌駕するラバーとしてQクオリティが発売されました...
2022.04.30
ラバー

たくさんあるアタック8、どれがおすすめ?全種類を紹介!

変化系表ソフトとして人気のラバーアタック8。実はアタック8は1種類だけでなく一概にアタック8といっても粒の高さや硬度など実は様々なラインナップがあります。そこで今回はこれからアタック8を使いたい、アタック8を使っているけど自分に合ったアタ...
2022.04.30
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました