ニッタク 馬龍カーボンをレビュー!どんな選手におすすめ

スポンサーリンク
シェークハンド
スポンサーリンク


今回は今回はニッタクから出ているラケット馬龍カーボンをレビューしたいと思います。


このラケットはニッタクが馬龍選手と共同開発して作ったラケットでインナーカーボンが入ったラケットになっています。


今回は打ってみた感想とどんな選手におすすめなのかをレビューしたいと思います。

商品概要



・馬龍カーボン

・合板構成:5枚合板+グラカーボン(インナー)

・板厚:5.9㎜

・ブレードサイズ:161×152


・グリップ:FL(LGタイプ)

・ラケット重量:94g

・価格:定価24200円


ラケットの特徴としては他のラケットよりブレードサイズが大きいところです。一般的なラケットは157×150などが多いですが馬龍カーボンは161×152と攻撃用のラケットとしては大きめとなっています。


あとはラケットの平均重量が94gとかなり重いです。硬いラバーを貼りたい方は重量が重くなってしまうので注意です。


グリップもLGタイプ(太いFL)しかないので男性はしっかり握れる選手が多いですが手の小さい方やレディースの選手は少し持ちづらいかもしれません。


今回はV15エキストラを貼って打ってみました。

打ってみた感想

インナーなのにぶっ飛び系!



打ってみて初めに感じた事はかなり弾む!と感じました。


同インナータイプのラケットインナーフォースZLCと比較しても馬龍カーボンの方がかなり弾みの良さを感じました。


何も知らないで打ったらアウターのZLCと言われても納得してしまうくらい弾みます。


ですので軽打でも十分弾みますしドライブのスピードもインナーとは思えないくらい早いです。


ドライブを打った感じはインナーですが弧線重視というよりかは直線的なドライブです。ですので打球感もアウターに近い硬さがあります。


インナーですが球持ちが良く使いやすいというわけではなくしっかりインパクトしないと棒球になってしまう印象でした。

ツッツキ打ち、カット打ちは〇



ツッツキに対するドライブ、カット打ちも一通りやってみましたが球離れは早いですがしっかり振れば威力のあるボールを打つことができました。


球離れが早いのでループドライブもやりにくいかなと思いましたが意外と掛けやすくカット打ちもこれといって難はなかったです。

重量は重く感じる



馬龍カーボンのデメリットは重量が重いところとラケットの重心が先端寄りなので余計にラケットの重さを感じやすいです。


ラリータイプの選手というよりかはパワーのあるボールで一発で打ち抜きたい選手向けだと思います。

まとめ



今回はニッタクさんの馬龍カーボンをレビューしました。


おすすめする選手としましては

  • パワーのある中級者以上の選手
  • インナーでも硬めのラケットが欲しい方


初心者でも使いやすいラケットというわけではないのでおすすめする選手としてはある程度ボールに回転を掛けられる選手の方がラケットの良さを引き出せるかと思います。


価格は少々高いですが性能はかなり高いラケットですので是非試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました