強くなるならこの選手を参考に!お手本のトップ選手を紹介

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク



「強くなるためにトップ選手のプレーを研究する」


数年前まではトップ選手の動画を見て研究できる媒体が限られていましたが今やYouTubeで簡単にトップ選手のプレーを研究できる時代。


そんな時代だからこそどのトップ選手のプレーを参考にすればいいのか?悩むものです。


そこで今回はトップ選手の中でも特に参考にして欲しい選手を紹介したいと思います。

基本に忠実な選手をお手本にしよう



今回は基礎を固める、正しいフォームを参考にするといった視点で紹介していきます。


トップ選手の中でも豪快なプレーをする選手、カウンター主体の守備的な選手など様々な選手がいます。


その中でも参考にして欲しいのは小さいスイングで綺麗なフォームを打つ選手です。


そういった選手を参考にしてもらうことでクセの少ない基本に忠実なフォームを身に着けられるかと思います。

馬龍



まず綺麗なフォームとして思いつくのが馬龍選手。無駄のないコンパクトなフォームでありながら威力のあるボールを打つ世界最強の選手です。


特に参考にしてもらいたい技術はバックハンド。フォームはもちろんフリーハンドの使い方がとても参考になります。


ただ手で打つだけでなくフリーハンドでボールに合わせて体を動かせているので参考になる選手の1人です。

上田仁

バタフライHPより引用



日本選手の中でお手本の様な卓球をする選手といえば上田仁選手でしょう。


力みの少ないスイングから放たれるボールコンパクトなスイングながらも回転量の多いボールが出ています。


特に参考にして欲しいのがストップと両ハンドの時の体の使い方。


上田選手はストップがとても上手でボールの威力を吸収してしまうようなボールタッチを持っているそうです。またそれに体の体重移動を使ってボールを打っていますので手打ちになっていまう選手や台上の柔らかいタッチを習得したい選手は参考にしてみましょう。

田中佑汰



個人的におすすめの選手が愛知工業大学の田中佑汰選手です。


特徴としては現代卓球らしくどこからでも打てる両ハンド。下がった時は威力のあるボールを打てますし前陣でも早い打球点で回転量のあるボールを打つことができます。


特に両ハンドの打球点の速さはトップ選手の中でもトップクラスだと思いますので現代卓球のお手本の様な卓球をしたい方は参考にするといいと思います。

サムソノフ

ティバーHPより引用



サムソノフ選手といえばベラルーシを代表する選手の1人で40歳を超えていますが現在も第一線で活躍するレジェンド選手の1人です。


特徴としては派手な攻撃力はないですがコースをついたドライブとブロックの上手さに定評があります。


特にブロックはレベルに関係なく誰しもが使う技術です。


サムソノフ選手は相手の強打を止めるのが上手くブロックで相手を崩しチャンスボールを作っていくとても参考にしやすいプレーする選手の1人です。


ブロックのコース取りや打たれた時の点の取り方などを参考にしてみて下さい。

まとめ



今回はお手本にして欲しいトップ選手4選手を紹介しました。もちろん今回紹介した以外にもお手本の様な選手はたくさんいますので機会がありましたら紹介したいと思います。




タイトルとURLをコピーしました