ヤサカ ラクザシリーズを詳しく紹介!

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はヤサカの看板ラバーラクザシリーズを詳しくレビューしたいと思います。


2010年にラクザ7が発売してから現在まで計8種類がラクザシリーズとして販売されています。


今回はラクザの原点ラクザ7からラクザZまで紹介とどんな選手におすすめかを紹介したいと思います。

ラクザシリーズのバリエーション



ラクザシリーズはラクザ7、ラクザ7ソフト、ラクザ9、ラクザX、ラクザXソフト、ラクザZ、ラクザZエクストラハード、ラクザPOの8種類がリリースされています。(今回は表ソフトのラクザPOは除いた7種類をレビューします。)


簡単に解説するならばスピン重視のラバーがラクザ7、ラクザXラクザZ、ラクザZエクストラハードスピードや使いやすさを重視したのがラクザ7ソフト、ラクザXソフト、ラクザ9となっています。

  77ソフト  XXソフト  9   ZZハード
硬度45~50度37~42度45~50度40~45度40~45度47~52度52度~57度
価格5720円5720円6050円6050円5720円6050円6050円



簡単に各ラバーを比較してみました。7種類の中でスポンジ硬度が最も硬いのがラクザZエクストラハードです。その次にラクザX、ラクザ7と硬く、一番柔らかいのはラクザ7ソフトになっています。


ラクザ9はスポンジ硬度は40度~45度ですがシートが硬い為総硬度として49度くらいとかなり硬めのラバーになっています。


価格はどの種類も5000円台と比較的リーズナブルな価格になっています。

フォア面に使うなら7、X、9、Z、Zエクストラハードの5種類



ラクザシリーズの中でもフォア面におすすめしたいラバーはラクザ7、ラクザ9、ラクザX、ラクザZ、ラクザZエクストラハードの5種類です。


ラクザシリーズの中でも硬めの5種類であり強くインパクトできるフォア面に貼った方がいいです。特にラクザZ、ラクザZエクストラハードは粘着テンションということもあり、クセのあるボールを出すためにもフォア面の方がいいです。


インパクトの強い上級者クラスの選手ならばバック面でも使いこなせると思いますが、無難に使うならばフォア面がいいかと思います。

使いやすさ重視ならば7ソフト



スピードのあるボールやミート系のボールを多用する選手、使いやすいラバーがいい選手にはラクザ7ソフトがおすすめです。


ラクザ7だと硬すぎて使いづらい選手やバック面で使いやすいラバーを探している選手にもおすすめのラバーです。

中間硬度ならXソフト



硬すぎず柔らかすぎずの硬度のラバーを使いたいならラクザXソフトがおすすめです。


ラクザXソフトはソフトといっても総硬度で46度くらいの硬さのラバーなのでそこまでソフトといったラバーではないです。


イメージ的にはテナジー80やロゼナ、ファスタークC1などのラバーと同じ立ち位置なので回転とスピード、使いやすさのバランスを取りたい選手におすすめです。

まとめ



今回は簡単にですがラクザシリーズの比較と、それぞれのラバーがどんな選手におすすめかを紹介しました。


今回の記事のポイントをまとめますと

  • フォア面に使うなら7、9、X、Z、Zエクストラハード
  • バック面なら7ソフト
  • 中間硬度がいいならXソフト、



ラクザシリーズはそれぞれのラバーに特徴がありオンリーワンな特徴のラバーが多いです。


今回の記事を参考に自分に合ったラクザシリーズを探してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました