TIBHAR クァンタムXプロソフトをレビュー!

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はティバーから発売されていますクァンタムXプロソフトをレビューしたいと思います。


このラバーは同じくティバーから発売されていますクァンタムXプロのスポンジを柔らかくしたラバーになっています。柔らかいながらも引っ掛かりが良く上級者でも使えるラバーということで最近人気のラバーですが実際はどうなのか?今回はそんなティバーのクァンタムXプロソフトを詳しくレビューしていきたいと思います。

ラバー情報

  • クァンタムXプロソフト
  • 回転系テンションラバー
  • ラバー色:赤、黒、ピンク、ブルー
  • スポンジ厚:1.8㎜、2.0㎜、max
  • スポンジ硬度:42.5度
  • 価格:定価6380円(税込)

【安定感とコントロール性能を引き出す】

42.5度のミディアムソフトスポンジを採用したクァンタムは、安定感とコントロール性能を最高峰まで引き上げています。このラバーは、初・中級者の頼もしい味方となってくれるでしょう。

TIBHARHPより引用



ラバーの特徴としてはクァンタムXプロをベースにスポンジを柔らかくして初中級者でも扱いやすくしたラバーになっています。


クァンタムXプロがスポンジ硬度47.5度なのに対してクァンタムXプロソフトは42.5度と5度柔らかくなっています。


スポンジ厚は1.8㎜~maxまで、カラーラバーもありブルー、ピンクのラバーもあります。ちなみにカラーラバーはパッケージの色が違うので分かりやすくなっています。今回はブルーのラバーを購入しました。




価格は定価6380円。価格はクァンタムXプロと同価格になっています。

シート、スポンジ



ここからは実際にラバーを見ていきたいと思います。まずはシートから。



シートの感じはドイツ系といった感じです。触った感じは引っ掛かりが良いです。ちなみにラバーのモールはクァンタムXプロと同じですのでスポンジの色(クァンタムXプロはクリーム色、Xプロソフトはピンク)で判断するといいでしょう。


スポンジはピンクになっています。カラーラバーと組み合わせると派手ですね。スポンジの気泡は割と粗めです。


シート+スポンジはこんな感じ。スポンジも柔らかいですがシートも結構柔らかめのラバーです。


シートの粒の間隔は割と狭めかなと思います。ですので回転系のラバーであるということが伺えます。

ラバー重量



今回はスポンジ厚max、ラケットは157×150のラケットに貼っています。まずカット前のラバーの重量が64gでした。


ラケットに貼り付け後残った切れ端の重量を測定しました。20gでしたので64-20=44gでした。


ですのでクァンタムXプロソフトの重量はmaxで44gでした。ラバーによってばらつきがありますので42g~45gくらいの重量になるかと思います。


ここからは打ってみて感じたことをレビューしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました