ラバー 裏ソフト

アンドロ プラクソンシリーズをレビュー!

2021年5月10日



今回はアンドロから発売されていますプラクソンシリーズをレビューしたいと思います。


アンドロといえばラザンターシリーズが看板ラバーといったイメージがありますが、今回紹介するプラクソンシリーズも実はかなり性能が良く人気のラバーになっています。


今回はそんなプラクソンシリーズをシリーズの特徴を踏まえながらどんなプレーをする選手におすすめなのかを紹介したいと思います。

プラクソンシリーズとは?



プラクソンはアンドロが2015年に発売したラバーでテンションラバーといえばスピン系テンションが主流ですが、プラクソンはスピード系のテンションラバーです。


スピード系のテンションラバーですので回転量の多いボールというよりかは爽快な打球感、ミート打ちやスマッシュがやりやすいのが特徴です。


そんなプラクソンシリーズは4種類のラインナップがあり

  • プラクソン350
  • プラクソン400
  • プラクソン450
  • プラクソン525


この4種類がラインナップになっています。


名前の後の数字がスポンジ硬度になっておりプラクソン350を例に挙げますとスポンジ硬度は35度ということになります。


ですのでスポンジ硬度でいえばプラクソンは35度、40度、45度、52.5度のスポンジ硬度になっているということです。


そして性能がいいながらも価格の安さが魅力の1つです。定価4730円(プラクソン525は4950円)と近年高価格帯のラバーが多い中で4000円台で買えるラバーというのはお財布に優しいラバーになっています。

プラクソン350



まずは一番スポンジ硬度の柔らかいプラクソン350から。スポンジ硬度35度ということでかなり柔らかめのラバーとなっています。


シリーズの中では最も使いやすいラバーでコントロール性能がいいながらもスピードあるボールを打つことができるラバーです。


食い込みがいいのでミート系の打法やスマッシュ、角度打ちなどはとてもやりやすいのでフラット系の打法を良く使う選手におすすめのラバーです。

プラクソン400



プラクソン400はスポンジ硬度40度のラバーです。


プラクソン350よりは硬いラバーなのでスピード性能と威力が向上したラバーでプラクソン350が食い込みすぎてボールが落ちてしまう、もう少しスピードが欲しいといった選手におすすめのラバーです。


初中級者のバック面にはおすすめのラバーになっています。

プラクソン450



プラクソン450は45度のスポンジを採用したラバーでラバーの系統としては中級者クラスの選手層に人気の中間硬度のラバーになります。


バック面でも使いやすいですし初心者~中級者クラスの選手ならばフォア面でも使いやすいラバーになっています。


プラクソン400では決定力に欠ける、攻守のバランスの取れたラバーを求めている選手におすすめのラバーです。

プラクソン525



最後に紹介するのはプラクソン525。スポンジ硬度52.5度とかなりハードなスポンジを採用したラバーでシリーズの中では最もスピードが出るラバーです。


ラバーが硬いので使いこなすのには慣れが必要ですがスピード重視のドライブを打ちたい選手や回転系のテンションにはないボールを打ちたい選手におすすめです。

まとめ

4種類のラインナップにより初心者~上級者までおすすめのラバー



今回はアンドロのプラクソンシリーズをレビューしました。初心者から上級者まで幅広い選手層に使ってもらえるラバーです。


価格も安く使いやすいラバーですので気になる方は参考にしてみて下さい。