バランス力ナンバー1!ファスタークC1をレビュー

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はニッタクから出ているラバーファスタークC1をレビューしたいと思います。


このラバーはファスタークシリーズの中でも中間硬度のラバーになっておりその扱いやすさから中級者~上級者まで多くの選手が使用しているラバーです。


今回は打ってみた感想とフォアとバックどっちにおすすめのラバーなのか?についても書いていきたいと思います。


以前ファスタークシリーズのファスタークG1のレビューをやっているので合わせてそちらもご覧になってみて下さい。

商品概要



・ファスタークC1

・ドイツ系テンション

・スポンジ厚:中、厚、特厚

・スポンジ硬度:45度

・価格:定価6380円



バランスラリー重視!
スピンとスピードのバランス良いラリー展開に実力を発揮!
安定した台上プレーからのカウンターや両ハンドドライブ!
心地よい打球感と絶妙なバランス感覚はクセになる!

ファスタークとは?
Fast(速さ)とArc(弧)を描くボール軌道を開発コンセプトとした、トップ選手が勝つために選ぶギアです。

テンションスピンシート
グリップ感覚に優れたゴム成分と粒形状で、抜群の威力を実現した「テンションスピンシート」。
硬く粒が詰まったシートは打ち合いで押し負けず、ボールにパワーが伝わります。

ソフトストロングスポンジ
ボールに更なる威力を生み出す「ソフトストロングスポンジ」
スピードが出しやすく、ボールを捉える感覚をより味わっていただけるスポンジです。

ニッタクHPより引用

シート



まずシートはこんな感じ。光沢があってザ・テンション系といった感じです。


シートのテンションは柔らかい事もありますがかなり強めです。


こんな感じでラバーは結構反っています。

ラバー重量



今回は特厚で測定です。ラケットはバタフライのインナーフォースレイヤーZLC(157×150)に貼っています。


カット前のラバーの重量は66gでした。



ラケットに貼り付け後の切れ端の重量を測定しました。



切れ端が20gでしたので66-20=46gということになります。


接着剤の量や切り方によって重量は若干変わりますがファスタークC1の重量は特厚で45g~46gとファスタークG1とあまり変わらない重量になりました。


ではここからは実際に打ってみた感想をお伝えしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました