キョウヒョウ 省狂と国狂の違いって?詳しく紹介

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はキョウヒョウの省狂と国狂の違いついて説明していきたいと思います。


よく「キョウヒョウは省狂がいい!」
   
  「国狂は高い!」

などと聞いたことがある方もいるかと思います。


そもそも省狂って何?国狂って何?って方もいるかと思いますのでその辺も踏まえながら詳しく解説していきたいと思います。

【基礎知識】 省狂とは?国狂とは?



省狂とは中国省チームの選手が使っているキョウヒョウになっています。


国狂は省狂よりも珍しく中国1軍のナショナルチームの選手が使用しているラバーになります。ちなみに私たちが普段購入できるキョウヒョウは普狂といいます。


ですのでキョウヒョウのランクとしては


国狂<省狂<普狂  といった感じになります。

省狂NEO3ブルースポンジ



省狂の代表的なラバーとして上げられるのが省狂NEO3ブルースポンジです。ブルースポンジということで通常の粘着より弾みます。


打ち方自体は粘着の打ち方をした方がキョウヒョウの良さが出ますが普段テンション系を使っている私でもそれなりのボールを打つことができたので性能は文句なしです。


価格はネットショップによって変わりますが大体6000円ぐらいで購入できます。

国狂3ブルースポンジ


国狂として有名なのが国狂3ブルースポンジ。中国トップの選手も国狂を使用しています。


性能としては粘着ラバー最高峰といっていいでしょう。使いこなすにはそれなりの腕が必要になってきますが粘着ラバー上級者ならば間違いなく気に入る1枚です。


価格は中国版ですとおおよそ1万円前後が多いです。数も少なくあまり流通していないので貴重なラバーになっています。ニッタクでも購入できますが定価16500円と超高級ラバーになっています。

偽物対策としてシリアルナンバーがある



これだけ希少価値があるラバーなのでテナジーのように偽物も出回っています。簡単な見分け方としては省狂は2辺が切り取られ6角形に、国狂は通常のラバー同様4角形です。


ですが外観で判断するのは正直素人ではかなり困難です。


ですのでキョウヒョウを製造している紅双喜では本物に偽造防止シールを張っておりその部分をコイン等で削るとシリアルコードが出てきます。そのシリアルコードを紅双喜のHPで入力すると本物かどうか確かめることができるようになっています。


紅双喜のサイトはこちらからアクセスできます。

红双喜
红双喜

   

どこで買うのがおすすめ?


偽物を買いたくない方はニッタク版の国狂を買うのが間違いないかと思いますが価格が高いこともあり少しでも安いところで買いたいと思う方もいるでしょう。


インターネットで購入する場合値段はショップ等で変わってくるので一概にはいえませんがあまりにも安すぎるショップは避けた方がいいかもしれません。


あとは信頼のある大手のネットショップを使うことを個人的にはおすすめします。キョウヒョウの取り扱いがあって有名なところだとWRM(ワールドラバーマーケット)さんはネットショップではかなり大手ですので安心して購入することができるでしょう。


あとは卓球屋や極卓屋なども取り扱いがあるのでそちらもおすすめです。

卓球屋

http://www.takkyuya.com/index.php

極卓屋

https://gokutakuya.com/

まとめ



今回は省狂と国狂の違い、国狂省狂を買う際の注意点などをまとめました。


性能がいいだけに偽物まで出回るほどのラバーですが使いこなせれば間違いなく最強ラバーといえるでしょう。粘着が苦手な選手でも使いやすいラバーですので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました