バタフライ オーソドックスDXってどんなラバー?詳しくレビュー

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はバタフライから出ているオーソドックスDXのレビューです。


このラバーは一枚ラバーになっており、なんといっても価格の安さが売りのラバーになっています。


存在自体は知っているけどどんなラバーなのか気になっている方もいるかと思います。そこで今回は粒の高さ、柔らかさ打ってみて感じたことなどをレビューしたいと思います。

商品概要



・オーソドックスDX

・発売日:1970年

・表ラバー(粒高1枚)

・ラバー色:赤のみ

・価格:1100円

ラバーの特徴としてはコントロール性能が良く粒高の中でも安定感があります。


発売も1970年と発売から50年以上たっている歴史あるラバーです。


粒の形状は縦目で粒は低いです。



粒も柔らかい粒というよりかは硬い粒でヤサカのコバルトなどに近い粒です。



画像の通り粒は低く硬いので変化重視というよりかはブロックのやりやすさを重視しています。

打ってみた感想

粒高入門用におすすめのラバー!



打ってみた感想としてはコントロールが良く使いやすいラバーなのでこれから粒高を使う選手やカットマン初心者におすすめのラバーです。


粒高の基本となるプッシュやショートがやりやすく裏ソフトを使っている私でもやりやすかったです。


粒高としてのナチュナルな変化はフェイントロングなどの変化系粒高と比べ少ないです。


弾みはかなり弾まない部類なのでしっかり当てないとネットミスが多くなってしまいます。


ただ弾まないですが攻撃は粒高の中でもやりやすいです。


強打に対してはカットもブロックも弾まないということもあり止めやすいです。


ただ先程説明したようにナチュナルな変化は出にくいのでとにかくブロックを止めたい!って選手におすすめできるラバーです。

まとめ



今回はバタフライのオーソドックスDXをレビューしました。


まとめますとコスパが良く使いやすいラバーなので入門用のラバーや性能よりも価格重視の選手におすすめのラバーとなっています。


定価1100円と破格のラバーになっていますので気になる方は1度試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました