ヤサカ ライガンをレビュー!コスパのいいラバー

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はヤサカから発売されているラバー、ライガンをレビューしたいと思います。


このラバーはグリップ力の高いシートにラクザより柔らかいシートを採用したラバーになっており、より使いやすく威力の出しやすいラバーになっています。


今回は打ってみた感想とラクザシリーズとの比較もしながらレビューしたいと思います。

ラバー紹介



・ライガン

・ドイツ系テンション裏ソフト

・ラバー厚:中厚、厚、特厚

・スポンジ硬度:40度~45度

・ラバー重量:43g(特厚)


・価格:定価4290円


天然ゴムを主体としたトップシートが安定したスピンを作り出し、抜群の食い込みと弾力を持つ新感覚「RIGAN スポンジ」との相乗効果により理想的な放物線を描きます。極めて高いパワー伝導率を誇り、打球時のエネルギーを正確に伝える事ができます。

グリップ力の高いトップシートにテンションスポンジを組み合わせる「ハイブリッドエナジー」を搭載しつつも、柔らかめのシートやスポンジを採用する事でより扱いやすくなりました。

しっかりとボールを掴みながら回転をかける事が出来るため、どんなボールに対しても安心して打球する事が出来ます。

ヤサカHPより引用



特徴としてはグリップ力の高いシートにラクザシリーズなどに使われている「ハイブリッドエナジー」を採用することによって威力を出しやすくしつつも安定感のあるラバーになっています。


重量も最近のテンション系ラバーの中では軽くなっており特厚でも43g程度になっています。


価格も安く定価で4290円とコストパフォーマンスのいいラバーになっています。


今回は7枚合板のクリッパーウッドに貼って打ってみました。

打ってみた感想

食い込ませやすく安定感抜群!



打ってみた感想としては柔らかめのラバーということもあり食い込ませやすく気持ちのいいボールを打つことができます。


どうしても柔らかいラバーはボールがスリップしてしまうことがありますがライガンはシートの引っかかりがいいのでスリップする感じがしなかったです。

ドライブ



ドライブは食い込ませやすく安定感のあるボールを打つことができます。


ラバー自体の弾みはそこそこですがしっかりインパクトすれば飛距離は出ます。


特にバックドライブがやりやすく厚く当てても擦ってもいいボールが出しやすかったです。


下回転打ちはしっかり回転を掛けるイメージで打てばそれほどやりづらくはなかったです。

台上処理、レシーブ



台上処理は弾みすぎずやりやすいです。レシーブもツッツキも切りやすく初心者の方でも回転を掛けやすいです。

ブロック、カウンター



ブロックは柔らかめのラバーということもあり安定します。

カウンターは擦るカウンターだとスリップすることがありましたがミート系のカウンターはやりやすく厚く当てるカウンターの方が安定しました。

ラクザシリーズとの比較



気になるラクザシリーズとの比較ですがソフト系ラバーのラクザ7ソフト、ラクザXソフトと比較した場合

  • 弾み・・・Xソフト>ライガン>7ソフト
  • 回転量・・・Xソフト>ライガン>7ソフト
  • コントロール・・・Xソフト<ライガン=7ソフト
  • 価格・・・Xソフト>7ソフト>ライガン



弾み、回転量はラクザXが一番いいですがコントロール性能、価格の面ではライガンの方が優れています。


3種類の中でもライガンは初心者の方でも使いやすく幅広い選手におすすめできるラバーです。

まとめ



今回はヤサカのライガンをレビューしました。


ヤサカから出ているラバーでも扱いやすいラバーになっており、コストパフォーマンスの面でも優れたラバーになっています。


初心者から中上級者までおすすめできるラバーなので参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました