VICTAS V>15リンバーをレビュー!バック面におすすめのラバー!

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はVICTASから出ているV>15リンバーをレビューしたいと思います。

このラバーはVICTASの主力ラバーV>15エキストラのスポンジを柔らかくして扱いやすさを向上させたラバーになっています。


ソフト系のラバーといった印象がありますが実際どうなのか?詳しくレビューしたいと思います。

ラバー性能



・V>15Limber

・ラバー厚さ:2.0、MAX

・重量:45g(MAX、レギュラーサイズに貼った場合)

・スポンジ硬度:40度±3度


・価格:定価6820円



ラバーの厚さは2.0とMAXの2種類になっています。スポンジ硬度は40度とかなり柔らかめのスポンジを使っていますがシートはV>15エキストラのシートなので総硬度としてはそこまで柔らかいラバーといった感じはありませんでした。


ちなみにリンバー(Limber)とは英語でしなやかな、柔軟なという意味だそうです。

打ってみた感想

万能系で使いやすいラバー



打ってみた感想ですがV15エキストラとは全くの別物と考えてもらった方がいいかと個人的には思います。


まず軽打ですがスポンジが柔らかいこともあり安定して入ります。打球感はどっちかといえばポコポコいうような感じです。


フォアドライブはスポンジが柔らかいので威力、スピードといった面ではエキストラよりも劣りますがそれでも食い込みがいいので威力のあるボールを打つことができました。


ボールの深さや伸びといった面では普段硬いラバーを使っている人だと少しフォア面では物足りないかなといった感じがしました。


バックは柔らかく、コントロールも良く感触はとてもよかったです。特に食い込ませてバックを打つ方は威力を出しやすいのかなと感じました。


台上処理も柔らかいラバーということもありやりやすかったです。コントロールがいいので短く止める、深くつっつくの緩急もやりやすく台上処理は非常に良かったです。


但し台上バックドライブなどは食い込ませすぎると落ちる感じがあったので注意が必要です。


全体的にコントロール性能が良く上級者でもバック面にいいラバーなのかなと思いました。

テナジー64に近い⁉



テナジーで例えるならばテナジー64に近い様なイメージです。スポンジの柔らかさ、全体的な使いやすさ、弾みなど性能面ではテナジー64には劣りますが個人的には64に近いラバーだなと感じました。

まとめ



今回はVICTASのV>15リンバーを紹介しました。


おすすめする選手は

  • 中級者以上のバック面のラバー
  • 初級者のフォア面
  • テナジー64に代わるラバーを探している人



全体的に使いやすくプレーヤーのレベルに関係なく使えるラバーだと思います。


参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました