XIOM ヴェガヨーロッパをレビュー!

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク


今回はXIOMから発売されているヴェガヨーロッパをレビューしたいと思います。


ヴェガヨーロッパはヴェガシリーズの中でも1番人気のラバーであり、初中級者に絶大な支持があるラバーです。


今回は打ってみた感想とフォアとバックどっちにおすすめできるのかをレビューしたいと思います。

商品概要



・ヴェガヨーロッパ

・スポンジ厚:1.8、2.0、MAX

・スポンジ硬度:42.5度

・ラバー重量:43g(特厚)

・価格:定価4400円

ヴェガヨーロッパの特徴としては「使いやすさ」です。


スポンジ硬度42.5度の適度に柔らかいスポンジは回転とコントロールのバランスが良く卓球を始めたばかりの選手でも使いやすくなっています。


初心者だけでなく中級者のバック面にも人気で発売から10年以上経っていますが人気のラバーです。


価格も4400円と安めのラバーなのも人気の理由の1つです。


今回は5枚合板のコルベルに貼って打ってみました。

打ってみた感想

コントロールが良くなんでもやりやすい万能ラバー



打ってみた感想としてはコントロール性能がいいながらも回転が掛かるので使いやすいラバーでした。


シートの引っかかりもそれなりにあって弱いタッチでも回転を掛けられました。


ドライブはもちろんミート系などの厚く当てる技術もやりやすく、フラット系の打法を多用する初中級者の選手にはとても良いラバーだと感じました。

ドライブ



スポンジ硬度が柔らかいこともあり回転は掛けやすい。ドライブの軌道はしっかり掛ければ深く入る印象。


ループドライブも浅くなりがちですがシートの引っかかりはあるのでやりづらくはないです。

台上処理



柔らかいラバーということで止めやすく安定してストップやツッツキはできます。

ただチキータなどは食い込ませすぎると落ちてしまうので威力重視のチキータはやりづらかったです。

サーブ



柔らかいので初心者でもしっかりボールに回転を掛けやすいです。


当たり前ですが硬いラバーに比べてサーブの切れ味は落ちるので注意です。

ブロック、カウンター



ブロックはコントロールしやすく、強打も抑えやすいです。


カウンターは回転を掛け返そうとすると打ち負けてしまうことがあったのでカウンタードライブよりかはミート系のブロックの方がやりやすいです。

威力の面では物足りなさがある



他のテンション系ラバーや他のヴェガシリーズと比べても安定こそしますが威力は出しづらいです。


前陣で振る分には問題ないですが下がった時に飛距離やボールの伸びがないと感じました。


ですがターゲットにしている選手層が初中級者メインのラバーですのでそこまで弾みに物足りなさはないかなと思います。

おすすめするラケット



おすすめするラケットとしては基本どのラケットでも合うと思います。


攻撃型の選手以外にもカットマンやペン粒の選手の裏面のラバーにもいいと思います。

まとめ

トータルバランスが良く使いやすい、初心者のテンションラバーの最初の1枚に



今回はヴェガヨーロッパをレビューしました。おすすめする選手としては初心者クラスの選手ならば高弾性ラバーからのステップアップに、中級者~の選手にはバック面の使用がおすすめです。


価格も安いながらもシートも長持ちするコスパのいいラバーですので是非試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました