ディグニクス05を使ってみた感想!重量や打球感などをレビュー

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回は2019年4月に発売してから瞬く間にトップ選手を始め人気ラバーとなったバタフライのディグニクス05をレビューしたいと思います。


ディグニクス05といえば張本選手、吉村真晴選手を始めトップ選手のスタンダードラバーとなりつつあるラバーです。


テナジーの上位互換ともいえるラバーですがどんなラバーなのか?今回はシートの感じやラバーの重量、寿命、テナジー05から移行して感じた事など詳しく紹介したいと思います。


テナジーとディグニクスの違いはこちらから

ラバー紹介

  • ディグニクス05
  • 発売日:2019年4月1日
  • ハイテンション裏ラバー
  • スポンジ厚:厚、特厚
  • スポンジ硬度:40度
  • 価格:オープンプライス


“X”の傑出――回転による打球の威力をハイレベルで実現

より高いレベルのプレーへと導く『ディグニクス』。その核心は、「スプリング スポンジ」よりも弾性を高め、進化した「スプリング スポンジX」と、打球時の球持ちを重視し、かつ表面の磨耗耐久性を強化した独自配合のシートとの組み合わせ。高い回転性能が特長の“開発コードNo.05”のツブ形状を採用した『ディグニクス05』は、前中陣でのパワードライブやカウンターなど、回転を重視した攻撃的なプレーをハイレベルで求める選手にお勧めです。

バタフライHPより引用



ラバーの特徴としてはスプリングスポンジよりも弾むスポンジであるスプリングスポンジXを採用しておりテナジー05よりもスポンジが4度硬くなっています。


価格はテナジー同様オープンプライスとなっています。今回私は8600円+税で購入しましたので税込みですと9300円くらいでした。ネット等で購入しても安くても8000円くらいですので8000円~9500円くらいがディグニクスの相場かと思います。


他メーカーですとテンションラバー2枚買える値段ですのでかなり高額なラバーですね・・・

シート、スポンジ



まずはシート。テナジー同様テンションが強くかかっておりピンと張った様なシートです。



球突きした感じは良く弾みシートの引っかかりも強いです。



スポンジはこんな感じです。テナジーよりも気泡は詰まっているように感じます。


ちなみにテナジー05のスポンジはこんな感じです。比べてみますと結構違いますね。

ラバー重量



皆さん気になるであろうラバーの重量も測定しました。今回は特厚での測定になります。



一般的なブレードサイズ(157×150)に貼って総重量が184gでした。ラケットに貼り付ける前が137gでしたので184-137=47gでした。


ディグニクス05の重量は47gとテナジー05よりも2g程重い重量でした。


スポンジが硬いながらも重量が重くなりすぎないのはさすがバタフライといった感じですね。


ここからは打ってみた感想とテナジー05との違いをレビューしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました