XIOM ヴェガエリートをレビュー!

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はXIOMから出ている裏ソフトラバーヴェガエリートをレビューしたいと思います。


発売から10年近く経っていますが未だ草の根プレーヤーには人気の高いこのラバー、特徴としてはインパクトが弱くても威力の出しやすいラバーになっており卓球を始めたばかりの選手から中級者まで使えるラバーになっています。


今回は打ってみた感想とどんな選手におすすめできるラバーなのかをレビューしたいと思います。

商品概要



・XIOM ヴェガエリート

・ドイツ系テンション裏ソフト

・スポンジ硬度:40度

・ラバー厚:中、厚、特厚

・ラバー重量:43g(特厚)

・価格:定価:4400円


ヴェガエリートの特徴としてはスポンジ硬度が40度とかなり柔らかい事です。また通常ヴェガ系のシートはカーボスポンジで色が黒なのに対してヴェガエリートは白のスポンジとなっています。


価格は他のヴェガシリーズ同様4000円台と非常にコスパのいいラバーになっています。

打ってみた感想

コントロール抜群!ミート系が〇



打ってみた感想ですがスポンジ硬度が柔らかいこともありコントロール、食い込みが良く安定したプレーがやりやすいです。


スピード、回転量は他のヴェガシリーズと比べても劣りますがそれでもしっかりインパクトすれば十分な回転量といった感じでした。


ラバーが柔らかいということもありボールの軌道は上に上がるといったよりかは直線的な弾道でした。


打っていてやりやすいと感じたのはミート系の打法が食い込みが良く威力も出しやすかったです。


またドライブも回転量こそはそこそこですが前陣で打った時はフォア、バック共に掛けやすくコントロールの良さもありやりやすかったです。

下回転打ちは△、スリップする感じがある



ツッツキに対する下回転打ちもやってみましたがこちらは柔らかすぎるということもありインパクトが強すぎるとボールがスリップしてしまうことがありました。


ただループドライブはやりやすかったので一発で打ち抜きに行くようなドライブよりかはチョリ系のドライブの方がラバーの良さは引き出されると思います。

下がると飛距離が物足りない



柔らかいラバーですので当然下がると飛距離の物足りなさを感じました。


食い込みがいいので下がっても入ってくれますが威力、回転量の面で見た場合微妙なので前陣で振っていく選手向けのラバーと言えます。

まとめ

どんな選手におすすめ?

初心者ならフォアでもバックでも中級者ならバック面がおすすめ



まとめるとおすすめする選手としてはドライブもミート系も使うけどミート中心のプレーをしたい選手におすすめです。


初心者ならフォアでもバックでもいいですし中級者クラスならバック面に貼って安定したプレーをしたい選手におすすめです。


価格も4000円台で買えるラバーでコスパも非常にいいので気になる方は試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました