表ソフトのベストセラー!スペクトルをレビュー

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回は1972年に発売され現在までトップ選手を始め草の根プレーヤーにも人気の表ソフトラバースペクトルをレビューしたいと思います。


近年テンション系の表ソフトのブースターSAやモリストSPなどが人気のラバーではありますが、その中でもスペクトルはスピード系の表ソフトとして絶大な人気を誇っています。


今回はスペクトル人気のポイント、スペクトルのレビューをしたいと思います。


※TSPがVICTASと統合したことによりスペクトルはスペクトルS1に変更になりました。基本的に性能は一緒ですので参考にしてみてください。

ラバー紹介



・スペクトルS1

・高弾性スピード系高弾性表ソフト

・スポンジ厚:薄、中、厚、特厚

・スポンジ硬度:35±3度

・価格:定価4180円



スピード系高弾性表ソフトラバー

数々の世界チャンピオンを生み出したTSPスペクトルシリーズを継承。
スピードと変化に優れ、あらゆる戦型にフィットする表ソフトのスタンダードラバー。

VICTASHPより引用



スペクトルの特徴としては粒の形状です。表ソフトの粒の形状は大きく分けて台型、円柱+台型、円柱型の3種類がありますが、スペクトルは円柱+台型のバランス型の粒になります。


粒配列は縦目となっており回転系といったよりはスピードが出しやすい粒配列になっています。

ココがいい!スペクトル人気の秘訣

ナックルと安定感のバランスがいい



表ソフトを使っている選手は基本的にナックルのボールを多用してプレーする選手が多いかと思います。


変化系の表ソフトはたくさんありますが変化幅が大きい表ソフトは使いにくいラバーが多く、安定しないことが多いです。


しかしスペクトルは抜きん出た性能はないもの特にやりづらい技術もなく非常に使いやすいラバーになっています。

良くも悪くも自分次第で変わるラバー



スペクトルは他の表ソフトに比べてナックルだけでなくバックドライブや伸びるボールなど様々なボールを出しやすいです。


もちろん使用者の腕次第で変わりますが良くも悪くも自分次第でラバーの性能が大きく変わるラバーとなっています。

カットマンにも人気が高い



スペクトルはカットマンの表ソフトとしても人気のラバーです。


日本を代表するカットマン村松雄斗選手を始め、ドイツのハンイン選手など多くの選手が使用しています。


テンション系の表ソフトに比べ弾みが控えめな事に加えカットの変化が付けやすいのも人気の理由です。

打ってみた感想



打ってみた感想としては表ソフト入門者にも上級者にもおすすめできるラバーです。


意識しなくてもナックル系のボールが出しやすいですし止めたり伸ばしたりもやりやすいです。


それで且つ回転も程よく掛かるのでなんでもやりやすい優等生ラバーといった感じです。


スピードはテンション系の表ソフトと比べますと劣りますが、その分コントロールがしやすくなっています。

まとめ

入門用にも上級者にもおすすめできるラバー



今回はVICTASのスペクトルをレビューしました。


まとめますと弾みすぎず、表ソフトらしいナックルが出しやすいながらも使いやすく幅広いレベルのプレーヤーに使ってもらえるラバーだと思います。


価格も4000円台とコスパのいいラバーですので表ソフトのラバー選びに悩んだら試してみるといいかと思います。


表ソフトのおすすめラバーの記事はこちらから

タイトルとURLをコピーしました