カットマンにおすすめの裏ソフトラバー5選

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はカットマンにおすすめの裏ソフトラバーを紹介したいと思います。


近年カットマンはカットだけでなく攻撃のしやすさも視野に入れながらラバーを選んでいる選手が多いかと思います。


ですがドライブはいいけどカットが安定しない、カットはいいけど攻撃がやりづらいなど・・・攻撃型の選手以上にラバー選びには悩む選手も多いです。


今回はカットのしやすさはもちろん攻撃の威力も出るラバー、とにかくカットを安定させたいといった選手におすすめのラバーを紹介したいと思います。

テナジー05



〇カットのやりやすさ  ☆☆

〇攻撃のやりやすさ   ☆☆☆


まず紹介したいのは攻撃型の選手問わず全ての戦型の選手に人気のあるラバーテナジー05。


攻撃のやりやすさはもちろんカットもそれなりにやりやすいです。


ただテナジーなので結構弾みます。ですので強打を抑えたりするのはコツがいるので中級者~上級者の選手におすすめです。

タキファイアドライブ



〇カットのやりやすさ  ☆☆☆

〇攻撃のやりやすさ   ☆



このラバーはバタフライから出ているラバーです。テンション系のラバーではなく高弾性、微粘着のラバーになっています。


高弾性なので弾みすぎるといったことがないのでカットも抑えやすいですし、思い切って切りにいけます。


ドライブも威力こそは微妙ですがしっかり打てば入りますので攻撃よりもカットやツッツキを安定させたい選手におすすめです。


価格も3000円とコスパも良いのでおすすめです。

ヴェガアジア



〇カットのやりやすさ  ☆☆

〇攻撃のやりやすさ   ☆☆


XIOMヴェガアジアもカットマンにおすすめのラバーです。過去には小塩選手や村松選手も使用していたことがあり、攻撃のやりやすさもありながらカットもしやすいラバーとして有名です。


スポンジ硬度は47.5度と硬めですがシートが柔らかいので強打も抑えやすくカットも切りやすいです。


タキファイアドライブ同様価格も安いのでコスパを重視する選手もおすすめです。

V>15リンバー



〇カットのやりやすさ  ☆☆

〇攻撃のやりやすさ   ☆☆



こちらはVICTASから出ているV>15リンバーです。上級者はV>15エキストラでカットする選手もいるのですがカットが抑えにくいといったところがあります。


そこでV>15エキストラよりスポンジが柔らかいV>15リンバーがおすすめです。


カットが抑えやすくなっていながらも攻撃のやりやすさもありますのでV>15エキストラだとカットが飛びすぎるって選手におすすめです。

Q4



〇カットのやりやすさ  ☆☆

〇攻撃のやりやすさ   ☆☆



最後に紹介するのでミズノから出ているQ4です。QシリーズはQ3、4、5とありますがカットマンにおすすめしたいのはQ4です。


このラバーはQシリーズの中でもシートの粒が低いものを採用しており回転重視のラバーになっています。その中でもカットのやりやすさに定評がありカットマンの選手には人気のあるラバーです。


スポンジ硬度は47度ですがシートが柔らかいので攻撃重視だけどカットの安定感も少し欲しい選手におすすめです

まとめ



今回はカットマンにおすすめの裏ソフトラバーを5種類紹介しました。


それぞれカットのやりやすさ、攻撃のしやすさが変わるので自分がどんなプレーをしたいのかで用具選びをするといいと思います。


参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました