基礎を身に着けるなら必須!おすすめの多球練習を紹介

スポンサーリンク
おすすめ練習
スポンサーリンク



今回は基本を身に着けるうえで大事な練習である多球練習を紹介したいと思います。


多球練習のメリットは少ない時間でたくさんのボールが打てることです。


特に卓球を始めたばかりの人や新しい技術や練習を取り入れたい人におすすめできる練習です。


今回はフットワーク系のメニューを中心におすすめの多球練習を紹介したいと思います。

フォア2本バック2本ツッツキ打ち



まず最初に紹介するのはシンプルな練習である2本2本のツッツキ打ちです。


ポイントはボールに合わせて足をしっかり動かしてから打つことです。多球練習はフォームばかりに気がいってしまいがちですが細かく足を動かして打つことを意識すると試合でも足が動く様になるかと思います。

ミドルバックミドルフォア



2つ目はフットワーク練習でやっている方もいるかと思いますがミドルバックミドルフォアの練習です。


中級者以上の選手は対人でも続くかもしれませんが対人で続かない選手は多球練習でやることをおすすめします。


ポイントはフォア→バックに切り替える際は戻りが遅くなりがちなのでフォームをコンパクトに打つことを意識しましょう。


あとミドルのボールを打つときは詰まりがちなので足を動かして打つことを意識しましょう。

回り込みドライブ→飛びつき



私が多球練習で最もおすすめする練習がこの練習です。


回り込み→飛びつきのメニューです。フットワークを鍛えながら実践に近いメニューですのでおすすめの練習です。


ポイントは回り込みを大きく回ることと、先に飛びつかずボールが来てから飛びつきをすることです。


上記のメニューに+αで回り込みの→飛びつきorバック→ミドルといったようにランダム性のあるボールを入れるとより実践に近い練習メニューになります。

フォア3点(中陣から)



この練習のポイントは足を使って大きく動くことを意識してみて下さい。中陣から打つので手で打つのではなく体重移動を意識して打ってみて下さい。


中陣から打つので前傾姿勢で普段打つ時よりも大きく動くことで負荷を掛けながら練習することができます。

バック前チキータ→ランダムのフットワーク



最後に紹介する練習はより実践に近い形式での練習になります。バック前チキータ→ランダムで球出しをしてもらう練習です。ランダムのボールは4~5球出してもらいましょう。


ポイントはチキータをした後戻りを意識することです。チキータをした後はミドルやフォア側を狙われがちなので打ち終わった後の戻りを意識して打ちましょう。

まとめ



今回はおすすめの多球練習を5種類紹介しました。基礎を身に付けたり感覚を思い出したい時に多球練習はかなりおすすめですので参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました