ミズノのラバーQ3をレビュー!どんな選手におすすめ?

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



今回はミズノから出ている裏ソフトラバーQ3をレビューしたいと思います。


ミズノのQシリーズはQ3、Q4、Q5と出ていますが今回は最初に発売されたQ3をレビューしたいと思います。


Q3よりQ5の方が使いやすいという声もありますが実際どうなのか?詳しくレビューしたいと思います。

商品概要



Q3は日本製のテンション系の裏ソフトになっておりスポンジ硬度47度、ラバー厚は特厚、厚、中厚の3種類です。価格は定価6930円になっています。


硬度的にはテナジー05と同じぐらいなので今回はテナジーとの比較もやってみました。


Q3のラバーの重量は特厚で約47gでしたのでテナジーより若干重いかなといった感じです。


今回はインナーフォースZLCにフォアがQ3、バックがヴェンタススピードを貼って試打しました。

回転量、スピード共に◎ 少し硬い



第1印象としては47度ということもありよく弾みます。ドライブを打った感じはテナジー程とまではいきませんが安定してドライブが打てました。ただ球離れが早くしっかりインパクトできないと棒玉になってしまいました。


弧線重視のドライブではなく直線的なドライブになります。


硬さはテナジーより少し硬いかなといった感じでドライブの弧線としては低めのボールが打てました。


ラバーの表面で擦ってドライブを打つ選手よりも平行スイングで食い込ませて打っていく方がいいボールが出ていたのである程度スイングが完成した選手が使えばいいボールが出そうな感じでした。


台上処理、サーブレシーブも特にやりにくい技術もなくできました。


下回転打ち、カット打ちですがしっかりインパクトできればいいボールがいくような感じでした。


ただ中途半端なスイングやしっかりインパクトできないときに回転に負けてしまう印象があったのでそこは練習が必要かなと思いました。

硬さが苦手で断念する人が多い



かなり性能も高く使いこなせればいいラバーなのですがテナジーと比較した場合弾道が直線的になりすぎてしまいオーバーミスやネットミスが多くなってしまいます。


テナジーとは違ったクセのあるボールが出るので綺麗なボールで勝負というよりもクセのあるボールを出していきたい選手にはいいかもしれません。


ですのでイメージ的にはテナジー05をハードにしてスピードに特化させたようなラバーだと思っていただければいいかと思います。

まとめ

どんな選手におすすめ?



→しっかりインパクトできてスイングを前に振っていける中上級者向け

今回の記事をまとめますと

  • クセはないが硬いので中上級者向け
  • ドライブは直線的
  • テナジーと違った伸びのあるボールが出る


使いこなせればかなりハイレベルな性能を持ったラバーですので是非試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました