ペン粒高のおすすめラバー!人気のラバーは?

スポンサーリンク
ラバー
スポンサーリンク



裏ソフトはいろんな方のレビューがあるのに圧倒的に粒高のレビューは少ない!


そんな悩める粒高ユーザーの方必見、今回は私の練習仲間の方からおすすめの粒高ラバーを聞いてきたので簡単に紹介したいと思います。(ちなみにその方は県立高校出身ながらも高校県チャンに勝ったりと大物食いの選手です。)

グラスディーテックス



強いペン粒の方は大体使ったことあると言ってもいいくらい粒高ラバーの中では有名なラバー。


このラバー最大の特徴はテンションが掛かった粒高ということです。


粒高なのにテンション?と思う方もいるかもしれませんがテンションをかけることによってナチュナルな変化が出やすくなっています。


さらにショートやブロックの回転量も粒が柔らかい為掛けやすくなっておりかなり切れるラバーになっています。


テンションがかかっているのでコントロールが難しくブロックやプッシュは練習が要りますが使いこなせれば最高のラバーだと思います。

カールP5V(旧カールP-H)


このラバーの特徴はなんといっても扱いやすさ。

粒が硬いのでブロック、ショートがやりやすいのが特徴です。

ナチュナルな変化は出にくいですがとにかくブロックを止めたりプッシュで展開を作っていきたい選手にはおすすめです。

カールP1V(旧カールP-1R)



このラバーはペン粒だけではなくカットマンにも使用者が多いラバー。


カールPHとは違い粒が柔らかいのでナチュナルな変化が出やすいながらも攻撃もしやすくなっています。


なのでOXよりかはスポンジ有の粒高を貼る選手におすすめです。

フェイントロングⅢ



こちらもペン粒のみならずカットマンにも愛用者が多いラバー。


バタフライ最大の変化幅の粒高ということだけありショートやブロックの変化は凄いです。


受け手側からしてもボールが切れていたり、深いナックル系のボールが来たりと変化幅で勝負したい選手におすすめです。


変化の幅はグラスディーテックスほどではありませんが攻撃は比較的やりやすくなっていますので変化と安定の両方を取りたい選手にもおすすめです。

モリストLPワン



こちらも粒高にテンションを効かせたラバー。


変化幅はもちろんのことブロックもしやすくなっていますのでボールに長短の変化もつけやすくなっています。


あまり使用者がいないラバーでもあるので他のプレーヤーと違うボールで勝負したいと思う選手におすすめです。

まとめ



今回はペン粒プレーヤーにおすすめのラバーを紹介しましたがいかがでしたか?あまり使用者が少なく用具選びに悩んでいる皆さん是非参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました