ラバー 裏ソフト

VICTAS トリプルシリーズをレビュー!それぞれのラバーの特徴とは?

2021年2月4日



今回はVICTASから昨年12月に発売されたラバートリプルシリーズをレビューしたいと思います。


トリプルといえばTSPから発売されていましたトリプルが思い浮かびますがVICTASから出ていますトリプルシリーズは中国ラバーに対抗する為に作られた本格派のラバーです。


今回はそんなトリプルシリーズをそれぞれのラバーの特徴を紹介しながらどんな選手におすすめなのかを紹介したいと思います。


トリプルシリーズとは?



トリプルシリーズとは強粘着・激変化を重視して中国ラバー以上のラバーを目指して作られたラバーです。


ラインナップは

  • トリプルレギュラー(TRIPLE Regular)
  • トリプルエキストラ(TRIPLE Extra)
  • トリプルダブルエキストラ(TRIPLE Double Extra)



3種類のラインナップが出ています。


開発にはVICTAS製品開発担当でバルセロナ五輪日本代表の仲村錦次郎氏が3年以上の歳月を重ね開発したラバーになります。


中国ラバーの代表であるキョウヒョウを超える為に作られたラバーであり、従来のトリプルは日本製のスポンジでしたが今回のトリプルはシート、スポンジ共に中国で製造しておりスポンジもブルースポンジを採用と本格派のラバーになっています。

トリプルレギュラー(TRIPLE Regular)



まずはトリプルレギュラーから紹介します。シリーズの中では最も使いやすいラバーでスポンジ硬度は42.5度±3度となっています。


粘着性シート+柔らかめのスポンジということで初中級者でも扱いやすいラバーになっておりこれから粘着ラバーを使いたい選手や使いやすい粘着ラバーを使いたい選手におすすめのラバーです。


価格は4180円(税込)となっています。

トリプルエキストラ(TRIPLE Extra)



トリプルエキストラはトリプルレギュラーよりも硬いスポンジを採用したラバーでスポンジ硬度は55度±3度のラバーになっています。


強粘着+55度の硬めのスポンジから放たれるボールは強烈な回転量とスピードあるボールを打つことができるラバーになっています。粘着感はキョウヒョウの様にベタベタというわけではないですがしっかりと回転量のあるボールを打つことができます。


スポンジは55度ですが55度の割には使いやすいラバーで中級者クラスの選手でも使いやすいラバーになっています。


価格は定価5280円(税込)となっています。

トリプルダブルエキストラ(TRIPLE Double Extra)



トリプルダブルエキストラはシリーズの中でも最も上級者向きでスポンジ硬度は57.5度±3度とかなり硬めのラバーになっています。


トップ選手では丹羽考希選手や木原美悠選手が一時期使用していました。


粘着のベタツキもシリーズの中では最も強くキョウヒョウシリーズにも引けを取らない粘着力のラバーです。


かなり硬いですが弾み、スピード共に粘着ラバーの中ではトップクラスの性能のラバーです。


おすすめする選手としては上級者以上で粘着ラバーを使い慣れている選手にはおすすめです。


価格は定価5720円(税込)となっています。


まとめ



今回は簡単ですがVICTASのトリプルシリーズをレビューしました。


VICTASさんが長い年月をかけて作ったラバーということもあって性能は文句なしのラバーになっています。


それぞれ粘着度や使いやすさが変わってきますので今回の記事を参考に自分に合うラバーを探してみて下さい。